IoTゲートウェイ機器

本サービスを利用する際には、無線センサーIoTゲートウェイ機器を導入する必要があります。

IoTゲートウェイ機器の概要

EnOcean無線センサーで検知したデータは、IoTゲートウェイ機器で受信します。IoTゲートウェイ機器では、受信したデータをインターネット上のクラウドサーバへ送信します。

ネットワーク概要図

EnOcean無線センサーからのデータは、IoTゲートウェイ機器に接続しているEnOcean受信モジュール「USB400J」で受信します。

以下はUSB400Jの写真です。USBドングルです。

USB400J

このUSBドングルをIoTゲートウェイ機器のUSBポートに差して利用します。

IoTゲートウェイ機器は、入手しやすい「Raspberry Pi 2 Model B」や「Raspberry Pi 3 Model B」を利用できます。もちろん、別の機器も利用できる場合が多いです。

以下は、Raspberry Pi(ラスベリーパイ)をスケルトンケースに入れた写真です。

Raspberry PI + USB400J

EnOcean受信モジュールのUSB400J(USBドングル)をUSBポートに差しています。

なお、IoTゲートウェイ機器には、USB400Jでシリアル受信したEnOceanテレグラムをクラウドサーバのAPIにPOSTするプログラムを実装する必要があります。

IoTゲートウェイ機器の設定作業

IoTゲートウェイ機器の設定作業は、株式会社ファンブライトが担当します。わずらわしい初期実装や運用はおまかせください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

会社名:
お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容: