EnOcean情報

EnOceanを利用する上で最低限必要となる構成について記載しています。

No内容
2.EnOceanを利用するには?
2-1.必要な基本構成
2-2.EnOceanセンサー
2-3.EnOcean受信モジュール
2-4.IoTゲートウェイ機器
2-5.プログラムの用意

2.EnOceanを利用するには?

2-1.必要な基本構成

EnOceanを利用する上で最低限必要となる基本構成は下記のようになります。

種別構成要素説明
ハードウェアEnOceanセンサー電池が不要、かつ、配線が不要なセンサー
EnOcean受信モジュールEnOceanセンサーから無線送信されるデータを受信するモジュール
ゲートウェイ機器EnOcean受信モジュールを接続するゲートウェイ機器
ソフトウェアプログラムゲートウェイ機器でEnOcean受信モジュールからのシリアルデータを受信するプログラム
EnOceanを利用するための最小基本構成

2-2.EnOceanセンサー

EnOceanセンサーは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

EnOceanセンサー

日本で利用できる購入しやすいEnOceanセンサーは下記になります。

Noセンサー型番用途
1 マグネットセンサー STM429J 窓やドア、箱などの開閉状態を検知
2 温度センサー STM431J センサー設置箇所の温度状態を計測
3 温度・湿度センサー STM431J+HSM100 センサー設置箇所の温度・湿度状態を計測
4 温度・ドアセンサー ETM500J センサーの温度状態を計測、窓やドアなどの開閉状態を検知
5 人感センサー EOSWJ 人の動きを検知
6 無線スイッチ PTM210J スイッチボタンの押下を検知

例えば、マグネットセンサー(開閉センサー)を使いたい場合は、以下のパーツを購入します。

  • EnOcean マグネットセンサ STM429J(スイッチサイエンスでは、2015/11/13現在、3,780円)
  • CS-ENCASE-TEMP/MAG(ザイコストアで販売されています。)
  • CS-ENOCEAN-MAG-01(ザイコストアで販売されています。)

2-3.EnOcean受信モジュール

EnOcean受信モジュールは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

EnOcean受信モジュール

日本で利用できる購入しやすいEnOcean受信モジュールは下記になります。

受信モジュールは、利用するゲートウェイ機器が持ち合わせているインターフェースに合わせる形になります。

No受信モジュール型番用途
1 EnOcean USBゲートウェイ USB400J USB400J USBポートを備えているパソコンやRaspberry Piなどのマイコンで利用
2 TCM410J for Arduino TCM410J for Arduino EnOcean無線トランシーバーTCM410Jを、Arduinoシールド化した基板

例えば、ゲートウェイ機器でパソコンや「Raspberry Pi 2 Model B」を使う場合は、USBドングルの「USB400J」を購入します。(スイッチサイエンスでは、2015/11/13現在、3,780円で購入できます。)

なお、後述しますが、EnOcean受信モジュールが組み込まれたゲートウェイ機器として、OpenBlocks や Armadillo の製品も存在します。

2-4.IoTゲートウェイ機器

IoTゲートウェイ機器は、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

ゲートウェイ機器

なお、IoTゲートウェイ機器には電源が必要になります。また、IPネットワークに接続する場合は、LANインターフェースなどが必要になります。(上画像で灰色になっている箇所)

IoTゲートウェイ機器として利用できる機器は下記となります。

NoIoTゲートウェイ機器用途
1 Raspberry Pi 2 Model B 安価に入手できるLANインターフェースを備えたLinuxマイコン。別途、ケースやヒート対策が必要。
2 OpenBlocks Linuxマイコン。IPを使えるインターフェースを備えたモデルや、EnOcean受信モジュールを増設できるモデルがある。
3 Armadillo Linuxマイコン。IPを使えるインターフェースを備えたモデルや、EnOcean受信モジュールを増設できるモデルがある。
4 Arduino UNO 安価に入手できるマイコン。別途、ケースや必要なシールド(LAN接続する場合、Ethernetシールド)が必要。
5 Windows端末 手持ちのWindows PC等のUSBポートを利用。ゲートウェイ機器として恒久利用は厳しいが、後述する確認用ソフトウェアを使う場合、手軽に利用できる。
6 Linux端末 手持ちのLinux PC等のUSBポートを利用。ゲートウェイ機器として利用を考えると、マイコンのほうが何かとメリットがある。

EnOcean受信モジュールが利用できれば、ゲートウェイ機器自体はさまざまなものを検討できます。もちろん、上記載以外の機器も検討できます。

  • どのゲートウェイ機器を使うかは、利用用途や好みで判断する事になります。
  • 安価に導入したい場合は、Linuxが使えてプログラム導入がしやすい「Raspberry Pi Model B」が私のオススメです。
  • 多少値段が上がっても良い場合は、Linuxが使えてプログラム導入がしやすい「OpenBlocks」が私のオススメです。

2-5.プログラムの用意

プログラムは、以下のオレンジ色の箇所が該当します。

プログラム

EnOcean受信モジュールからUART(Universal Asynchronous Receiver Transmitter)でシリアル通信データを取得するプログラムとなります。

なお、UARTで取得するシリアル通信のデータは「ESP(EnOcean Serial Protocol)」というEnOceanのシリアル通信の規格として、仕様が公開されています。

プログラムをコーディングして配備する必要があります。(ファンブライトIoTサービスを利用する場合、サンプルプログラムを公開しています。)

簡単にEnOceanの通信挙動だけを確認する目的であれば、Windows端末用に「DolphinView Basic」というEnOcean開発者向けのプログラムが利用できます。

Noゲートウェイ機器プログラム
1 Raspberry Pi 2 Model B コーディングしたプログラムを配備する必要あり(Rubyなど)
2 OpenBlocks コーディングしたプログラムを配備する必要あり(Rubyなど)
3 Armadillo コーディングしたプログラムを配備する必要あり(Rubyなど)
4 Arduino UNO コーディングの必要あり(Arduino IDE)
5 Windows端末 コーディングしたプログラムを配備する必要あり
簡単にEnOceanの通信挙動だけを確認する目的であれば、「DolphinView Basic」というEnOcean開発者向けのプログラムを利用可能
6 Linux端末 コーディングしたプログラムを配備する必要あり(Rubyなど)

コーディングで利用する言語は、経験や好みで判断する事になるかと思います。

なお、ファンブライトIoTサービスを利用する場合、利用できるサンプルプログラムを公開しています。