EnOcean情報

EnOcean(エンオーシャン)の概要、実績と利用シーン、日本でのEnOceanについて記載しています。

No内容
1.EnOceanとは?
1-1.EnOcean概要
1-2.EnOceanの実績と利用シーン
1-3.日本でのEnOcean

1.EnOceanとは?

1-1.EnOcean概要

EnOcean(エンオーシャン)とは、ドイツで2001年に起業された会社名(EnOcean GmbH)です。

同社は、もともとSIEMENS(シーメンス)で研究されていたエナジーハーベスト技術(環境発電=光や熱、振動などのエネルギーを取得し、電力に変える技術)を実用化するために設立されました。


EnOcean技術の特徴としては、小型ソーラーパネルやスイッチ動作などで得られる様々な微弱エネルギー源から電力を生成し、その電力を用いてセンサーを動作させ、無線通信を行うという点になります。

例えば、以下のような仕組みになります。

  • 室内照明の光を電気エネルギーに変換し、センシングや無線通信に利用。
  • スイッチを押す力を電気エネルギーに変換し、無線通信に利用。

つまり、「電池が不要、かつ、配線が不要なセンサー」という事です。


なお、非営利団体としてEnOceanアライアンスが2008年に設立されており、EnOcean技術の浸透と発展のために活動されています。

EnOcean技術は2012年に国際規格(ISO/IEC14543-3-10)になっています。

1-2.EnOceanの実績と利用シーン

EnOcean(エンオーシャン)は、欧米では多くの実績があります。

ヨーロッパでは、住宅、オフィスビル、ホテル、病院、学校、歴史的建造物、展示会などの用途で広く利用されています。

特にビルのオートメーションシステムの一部機能として活用されています。

詳しくは以下のサイトをご確認ください。多くの事例が紹介されています。


EnOceanはセンサーの特性上、「設置型のセンサー」として利用する事になります。

照明のスイッチや室内の温度湿度、開閉センサー等のように、センサーを設置して利用する使い方が主になります。

1-3.日本でのEnOcean

EnOcean(エンオーシャン)は、もちろん日本でも利用できます。

日本での利用実績は今後増えていく事が想定されています。

EnOceanアライアンスのプロモータであるローム株式会社のプレス発表では、重要文化財の展示用照明としてLED照明とEnOceanスイッチが採用され高く評価されているとの事です。


なお、日本におけるEnOceanの無線周波数帯は、免許の必要がない特定小電力無線(928.35MHz帯)が割り当てられています。

日本国内での無線標準規格「ARIB STD-T108」に準拠しています。

無線の到達範囲は、建物内では30m、自由野では300mぐらいが想定されます。ただし、設置場所の状況によって大きく変動します。


EnOceanのセンサーや受信用モジュールは、以下のサイトで販売されています。


はんだ付けなどは不要で、すぐに導入設置が可能な製品として販売されています。

初めての方は、組み合わせとしてどれを選べばよいのか分かり難いかもしれません。

下記画像のようなセンサーがあります。

簡単に設置できるEnOceanセンサー

ドアや窓の開閉センサーとして利用できるマグネットセンサーや、温度・湿度センサー、人感センサー、無線スイッチがあります。

2-1.必要な基本構成」で、製品の選定例を記載しています。ご参考にしてください。