サービス利用約款

サービス利用約款

2017年01月18日

第1条(利用約款の適用)

株式会社ファンブライト(以下「当社」という)は、サービス利用約款(以下「利用約款」という)を定め、これによりIoTサービス(以下「本サービス」という)を提供します。

第2条(サービス契約の成立)

  1. 本サービスの提供を受ける者(以下「契約者」という)は利用約款を遵守するものとします。

  2. 本サービスの利用に関する契約は、本サービスの利用希望者が利用約款に同意する事により当社と契約者の間に成立します。この契約は以下「利用契約」といいます。

  3. 当社は次の場合には本サービス利用を承諾しないことがあります。

    1. 本サービスの提供が技術その他の理由で困難なとき

    2. 本サービスの申込をした者が、当社の提供するサービスの料金または手続に関する費用等の支払を怠り、又は怠るおそれがあるとき

    3. 本サービスの申込をした者が、当社又は第三者の信用を毀損する態様で本サービスを利用するおそればあるとき

    4. 本サービスの申込をした者が、本サービスを利用する他の利用者に対して支障を与える態様で本サービスを利用するおそれがあるとき

    5. 本サービスの申込をした者が、本サービスを人命に関わるような危険度の高い業務に利用する可能性があると判断されるとき

    6. 前各号のほか、当社の業務遂行上支障があるとき

  4. 契約者が当社が定めるサービス申込方法とは別の方法で申し込みを行い、当社が受理した場合、利用約款が適用されるものとします。

第3条(利用約款の変更)

当社は予告なく、この利用約款を変更することがあります。この場合、本サービスの提供条件は変更後の利用約款に基づくものとします。

第4条(サービスの提供区域)

本サービスの提供地域は、日本国内とします。

第5条(サービスの内容)

当社は本サービスにおいて2種類のサービスプランを提供します。サービスプランによって異なるサービス内容を提供します。

  • SaaSプラン
  • サービス内容
    Webアプリデータ可視化、分析、通知などが行えるWebアプリケーションを提供します。
  • おまかせプラン
  • サービス内容
    機器センサー、IoTゲートウェイ機器を提供します。
    初期導入IoTゲートウェイ機器に対して、本サービスを利用できる設定を実装します。
    Webアプリデータ可視化、分析、通知などが行えるWebアプリケーションを提供します。
    運用支援お客様の個別ニーズに合わせて本サービスの活用を支援します。

当社は、これらのサービスに付随した付加サービスの提供も行います。

第6条(サービスの終了)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスの全部又は一部を終了、又はその内容を変更することができるものとします。

    1. 天災地変など不可抗力により本サービスを提供できない場合

    2. 本サービス用設備などのうち、当社の作成・制作に係らないソフトウェア等、又は当社の製造に係らないハードウェア等の供給が停止となった場合

  2. 前項のほか、当社は契約者に対し事前に通知することにより、本サービスの全部又は一部を終了することができるものとします。

  3. 本サービスの全部を終了したときは、当社と契約者の間の利用契約は、サービス終了日をもって自動的に将来に向かって解除されるものとします。

第7条(契約の単位)

  1. 当社と契約者は、契約者が同一サービスを複数申し込む場合やサービス内容を追加する場合も、本サービスのお申込み毎に利用契約を締結するものとします。

  2. 当社は、必要に応じて契約者との間で個別契約を定めることがあります。この場合、契約者は利用契約とともに個別契約を遵守するものとします。

第8条(契約期間)

  1. 「SaaSプラン」の利用期間は1ヵ月単位となります。

  2. 「おまかせプラン」の利用期間は、サービス利用開始時は1年契約、以降3ヶ月毎に自動更新となります。解約の際には3ヶ月前までに事前通知が必要になります。

  3. 「おまかせプラン」において、契約成立後、利用開始前、又は利用期間中に、契約者が利用契約を解約した場合、又は当社が利用契約を解除した場合、契約者は当社に対し規定に従い違約金を支払うものとします。

  4. 利用期間は、サービス開始日から起算します。

第9条(秘密保持)

  1. 契約者及び当社は、利用契約を通して知り得た相手方固有の技術上、販売上、その他業務上の秘密情報およびこれらに含まれる個人情報を第三者に対し漏らしてはならないものとします。但し、当社が本サービスの実施の一部を第三者に再委託する場合に秘密保持に関する契約を第三者と締結した場合は除きます。

  2. 当社は本サービスの提供中に取得した一般的な性質のスキルや知識を契約者以外の者の為に使用することができるものとします。そのスキルと知識には一般的に知られている情報が含まれ、内容に制限はないものとします。

  3. 契約者又は当社が第1項に違反した場合、それにより損害を被った当事者は、違反当事者に対し、違反が発見された月の前3ヵ月分の本サービスの料金総額を限度として、直接かつ現実の損害について損害賠償を請求できるものとします。なお、損害賠償の範囲には、逸失利益、特別損害については含まないものとします。

  4. 利用契約締結の前に秘密保持に関連して利用約款と齟齬のある定めを行った場合、利用約款の定めを優先して適用します。

第10条(ライセンス)

  1. 契約者は、本サービスを利用する目的以外では当社の設備を利用することはできません。

  2. 利用約款で明確に契約者に付与された権利を除き、当社は本サービスにより作成された成果物に関する所有権及び著作権その他の一切の知的財産権等を契約者に譲渡・利用許諾するものではありません。

第11条(利用責任者)

本サービスの利用にあたり、契約者はあらかじめ利用責任者を選任し、最初のアカウント作成時には利用責任者の情報を登録するものとします。

利用責任者が交代した時は直ちにアカウント情報に反映するものとします。通知無く、連絡が取れないことによって引き起こされる損害に対して、当社は一切の責任を負いません。

第12条(権利の譲渡等の制限)

契約者は本サービスの提供を受ける権利等の利用契約上の権利を、他に譲渡、貸与、質入れ等の行為をすることができません。

第13条(当社が行う利用契約の解除)

  1. 当社は、契約者に以下の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合、契約者に対する何らの通知及び催告なしに利用契約を解除することができるものとします。

    1. 本サービスの提供に著しく支障を及ぼすおそれがあると認められるとき

    2. 支払停止又は支払不能となったとき

    3. 信用状態に重大な不安が生じたとき

    4. 利用契約を履行することが困難となる事由が生じたとき

    5. 当社に対する通知内容等に虚偽記入又は悪意による誤記や記入漏れがあったとき

    6. 反社会的勢力である場合、又は反社会的勢力であったとき

    7. 当社に対して、違法または相当性を欠く不当な要求行為を行ったとき

  2. 契約者は、前項による利用契約の解除の時点で未払いのサービス料金等当社に対する債務がある場合には、当該債務について直ちに期限の利益を失うものとします。

第14条(提供中止)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を中止することがあります。

    1. 定期的なメンテナンス作業を行うとき

    2. 本サービス用設備等の故障により保守を行うとき

    3. 運用上又は技術上の必要があるとき

    4. 天災地変など不可抗力により本サービスを提供できないとき

    5. 法令上の規定に基づくとき

  2. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、あらかじめその理由、提供中止をする日及び期間を契約者に通知します。但し、緊急やむを得ない場合は事後に通知します。

  3. 当社は、本サービス用設備等について障害が生じた事を知ったときは、修理又は復旧のために必要な手段を講じることとします。

  4. 前項の修理又は復旧のため、必要がある場合には、当社は契約者に対して協力を依頼することがあります。

第15条(提供停止)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を停止することができるものとします。

    1. 契約者が利用契約上の債務を履行しなかったとき

    2. 契約者が、本サービスを構成する当社のシステムやデータを損壊する行為、あるいはその恐れのある行為を行ったとき

    3. 契約者が、本サービスの運営あるいは当社の業務を妨げる行為、あるいはそのおそれのある行為を行ったとき

    4. 料金の支払いが遅延したとき

    5. その他、当社が不適切と判断するとき

  2. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を停止するときは、あらかじめその理由、提供中止をする日及び期間を契約者に通知します。但し、緊急やむを得ない場合は事後に通知します。

  3. 当社は、第1項により本サービスを停止した場合でも、当該停止期間中のサービス料金等の請求権を失わないものとします。

第16条(料金等)

  1. サービスの料金は、利用約款と料金情報に基づき本サービスの利用の対価として契約者が当社に支払う料金とします。

  2. サービス料金のうち、「おまかせプラン」における初期費用は、利用契約が成立したときに発生するものとします。

  3. サービス料金のうち、月額料金はサービス開始日(契約者においてサービスを利用しうる状態になった日)より発生するものとします。ただし、トライアル期間が適用される場合は、トライアル期間の終了後より発生するものとします。

  4. 当社は、利用期間の途中でも、サービス料金を変更することができるものとします。

第17条(料金等の支払い義務)

  1. 契約者は、料金の支払期日までに、当社に対して前条の料金を支払う義務を負います。

  2. 送金等に必要な銀行手数料等は、契約者の負担とします。

第18条(料金等の計算方法)

  1. 料金は、毎月、暦月に従った月額料金とします。

  2. 「SaaSプラン」では、本サービスの利用開始日が属する月の料金は、暦月の初日以外であった場合、月額料金は日割り計算するものとします。日割り計算の対象は基本料金とアカウント料金となります。

  3. 「SaaSプラン」では、当該利用月におけるアカウント数の月額料金は、当該利用月の月末日におけるアカウント数が適用されるものとします。

  4. 「おまかせプラン」では、本サービスの利用開始日が属する月の料金は、初期費用及び月額料金とします。なお、本サービスの利用開始日が暦月の初日以外であっても、月額料金は日割り計算しないものとします。

  5. 「おまかせプラン」では、利用期間の途中で、契約者の申込によりサービス内容が部分解除された場合、当該利用月における月額料金は変更されないものとします。翌月からの月額料金は部分解除された分が反映されるものとします。

第19条(料金等の支払方法)

  1. 「SaaSプラン」では、当社は料金等を当月末締め、翌月15日に、事前に登録されている契約者のクレジットカードに対して自動課金するものとします。

  2. 「おまかせプラン」では、当社は料金等を当月末日に請求し、契約者は請求月の翌月末日迄に請求書に指定する銀行口座に振り込み支払うものとします。

第20条(延滞損害金)

契約者が、サービス料金その他の債務について支払期日を経過してもなお支払が無い場合、当該契約者は支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について、年14.6%の割合で計算して得た額を延滞損害金として支払うこととします。

第21条(消費税)

契約者は、当社に対しサービス料金を支払う際には、消費税及び地方消費税相当額を併せて支払うものとします。

第22条(責任の制限)

契約者は、自らの責任で本サービスを利用するものとします。当社は、特定目的への適合性、権利の不侵害及び所有権の保証、その他一切の明示及び黙示の保証を行わないものとします。また、当社は、本サービスが中断されないこと、瑕疵がないこと、又は完全に安全であることについての保証はしないものとします。

第23条(免責)

  1. 契約者が本サービスの利用に起因して損害を負うことがあっても、当社はその原因の如何を問わず、一切の賠償責任を負わないものとします。

  2. 契約者が本サービスを利用して第三者に損害を与えた場合、契約者は自らの責任において解決するものとし、当社は一切の賠償責任を負わないものとします。

第24条(準拠法と管轄裁判所)

利用約款に関する準拠法は日本法とします。契約者と当社との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

この利用約款は、平成27年9月1日から実施します。

改定履歴

平成29年01月18日:第18条(料金等の計算方法)、第19条(料金等の支払方法)の修正を行いました。

平成28年06月28日:第5条(サービスの内容)、第8条(契約期間)の修正と追記を行いました。

平成27年10月26日:サービスプラン名など一部の文言の修正と追記を行いました。